税理士法人イースリーパートナーズ

MENU

トピックス

法人化して支払う税金を安くしてみよう(上林)

2019.01.07 高槻事務所

「規模が大きくなったら法人化した方がよいと聞くが、何がよいのかわからない…。」

こう考えている個人事業主もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

今回は、法人化のメリット・デメリットをいくつか取り上げてみます。

 

【メリット】

①最高税率が低い

 個人事業主には所得税が課されますが、利益が増えるほど税率が高くなります(最大55%)

一方、法人には法人税が課されますが、どれだけ利益が増えても税率は変わりません(30%)

②経費で落とせる範囲が増える

 自分に対する給料は、個人事業主の場合経費にできません。しかし、法人の場合自分を役

員にすることで、給料を全て経費にすることができます。他にも、生命保険を法人名義に変

えると経費にすることができるなど、節税の幅が広がります。

③不動産にかかる税金をコントロールできる

 不動産を個人名義で所有すると、譲渡益に所得税が課されます。この譲渡益は本業の損益

と通算できません。一方、法人名義で所有すると、このようなことが起こりません。つまり、

本業で支出が増えるタイミングに合わせて不動産を売却すれば、支払う税金を安くするこ

とができます。

 

【デメリット】

①赤字でも支払う税金が増える

 赤字でも均等割という最低限支払う必要がある税金が発生します。個人事業主は5千円

で済みますが、法人は約7万円必要です(自治体によって多少変わります)

②社会保険の加入義務が発生する

 社会保険の加入について、個人事業主の場合従業員が5人未満のときは任意ですが、法人

の場合は強制になります。従業員の人数によっては法人化してしまうとかえって負担が増

えてしまうこともありえます。

タグ一覧