税理士法人イースリーパートナーズ

MENU

トピックス

<店舗経営全般>カラーの黄金比(鈴木)

2018.11.20 京都事務所 その他の業種特化

皆さん「カラーの黄金比」って知っていますか?

「基本カラー:補助カラー:アクセントカラー=70:25:5」というもので、これが最もよいカラーバランスと言われています。

 

例えば白100%の店舗より、白をベースにするけど、25%ぐらいを茶などの木目調のものを入れ、そこに5%ぐらいの割合で青の照明などのアクセントを入れたような店舗の方が断然魅力的になります。

ロゴやチラシでも同じことが言えますね。有名な「くまもん」もそれに則って作成されているとか。

 

カラーはそのお店の雰囲気やイメージに直結するので重要です。

例えば、白は広く開放的に感じ、黒は狭く閉鎖的に感じますよね。
よって、床を黒にして他の壁を白にすると、より天井が高く感じられ開放的な店になります。
一方、天井のみを黒にして他を白にすると、天井がより低く感じられ圧迫感があるかもしれませんが、逆に隠れ家的、非日常的な店に仕上がることも考えられます。

 

カラーの黄金比を参考にしつつ、お店のコンセプトにあった色使いをしたいものですね。