• HOME
  • 業務案内
  • 報酬について

報酬について

顧問料は法人様で月額2万円、個人様で月額1.5万円からです。
事業の規模やご提供させていただく業務内容によって変わります。
サービス内容から考えると、業界一般水準と比較すれば私たちの報酬は安いとご好評いただいています。

また、一方的な値上げや追加請求させていただくことはありません。
必ず事前にご相談させていただきご理解ご納得いただいた上で報酬をお支払いいただいております。ご安心下さい。

私たちの報酬に対するスタンスは「お客様みなさまに対して公平に」です。
お客様それぞれお支払頂く報酬の絶対額は同じでないケースがほとんどですが、その理由は事業規模・難易度・サービス内容などにより異なるだけであり、不当に高い、あるいは不当に安いということはありません。

また、お客様とのお互いの信頼関係の下、長いお付き合いをさせていただいておりますので、将来の報酬増額をお約束いただいた上で、短期的に無理のない低い報酬額でサービスさせていただくケースもあります。

<ご契約までの流れ> お問い合わせ(無料)→お見積りの提示(無料)→ご納得いただいたうえで契約→業務開始

また、お客さまにより具体的に報酬をイメージしていただきやすいよういくつかのケースにわけて報酬サンプルを作成しました。ご参考にしてください。

ケース1

個人事業でサービス業。売上は1千万円程度、消費税は免税。自分以外に従業員はいない。
自力で弥生会計に入力しているが、不安なのでまとめてチェックしてほしい。申告書も作成して欲しい。
日々のアドバイスは特に必要ない。

年に一度の確定申告時期での一括報酬支払で15万円程度となります。

ケース2

資本金300万円の有限会社。売上は4千万円、消費税は簡易課税。役員報酬と会社の利益をあわせても1千万円はいかない。
従業員は2名。領収証の整理までは自社でやるがそのあとはイースリーパートナーズにまかせる。
ときどき経営状況・税金対策の話をしたい。従業員の給料の源泉税の処理もしてほしい。

年額60万円程度となります。月々で平均すると月額5万円程度のお支払です。
通常は月額3万円程度、決算時に20万円程度の分割でのお支払契約が一般的です。

ケース3

資本金1000万円の株式会社。売上は5億円、消費税は原則課税。役員報酬は社長一族合計で3000万円。従業員は10名。
月に1回は会って話したい。従業員の源泉税の処理は社会保険労務士にまかせている。

会計データの記帳を自社で行っていただくならば年額80万円程度となります。
記帳もイースリーパートナーズで行うならば年額90万円程度となります。
分割のお支払の方法はケース2と同じく毎月の均等、毎月分と決算分の分割、などご相談に応じます。

ケース4

資本金2000万円の株式会社。基本的に経理処理は自社で行うが、そのチェックと申告書作成をしてほしい。
また、予算の作成や毎月の経営会議に参画してほしい。金融機関への対応も同行してほしい。
要するに経営者の財務参謀として頼りたい。

税務会計の顧問業務に加えて、弊社資金コンサルチーム対応による「資金繰りモニタリングサービス」をご契約頂くこととなります。詳細はご相談の上でということになりますが、あくまで参考のために実績をお知らせすると月額10万円〜30万円程度です。

(ご参照)資金コンサルティングサービスのご案内
http://finance-e3-partners.com/

ケース5

資本金2億円の株式会社。外形標準課税もあり。
株式公開の準備中であり、オーナーの株にまつわる税務や資本政策のチェックも必要。
また、ストックオプション導入に伴う税務の問題あり。毎月の税務監査では監査法人との意見調整も視野に入れる必要あり。
節税ニーズもあるが、何よりも優先はリスクの無い税務申告。

いわゆる株式公開コンサルティングを兼ねた顧問ということにということなりますので詳細はご相談の上でということになりますが、あくまで参考のために実績をお知らせすると月額10万円〜30万円程度です。
ただし、これらは一例であり全ての会社に当てはまるわけではありませんので、お問い合わせください。

ページのトップへ

業務内容