• HOME
  • 業務案内
  • 税理士業務

税理士業務

「税理士に業務を依頼したけど、どんなことやってくれるの?」「そもそも税理士って、どんな仕事をしてるの?」と多くの方が思っているのではないしょうか。

ここでは、税理士のベーシックな業務についてご紹介したいと思います。

1.税務サポート

企業は日々の取引を帳簿に記録していきます。取引内容によっては、税金が課税されるような場面が生じてきます。税法は複雑かつ難解です。「えっ!?何でこれが経費にならないの?」というケースが多々発生します。シロウトの人だけで処理をしてしまっては、税務リスクを全てカバーするのは困難でしょう。税務調査が入ってからでは後の祭りです。

もちろん「この支払も経費として認められますよ!」といった節税が出来るご提案もさせて頂きます。税務に精通したスタッフが御社をサポートします。これで帳簿の悩みは解決です。

>>税金についてお悩みの方はコチラ

ページのトップへ

2.記帳代行

「税金のことはよく分からない。そもそも帳簿は付けないといけないの?とにかく面倒くさいなあ。」というお声をよく頂戴します。
ご安心ください、弊社が記帳代行いたします。税務に精通したスタッフが処理しますので、税務サポートも兼ねることになります。帳簿について、とにかく楽をしたい方にはオススメです。

>>記帳が面倒くさい方はコチラ

ページのトップへ

3.税務申告

日本の税制の大半は「申告納税制度」を採用しています。代表的なところでは、所得税・法人税・相続税・贈与税・消費税の確定申告といったものが挙げられます。
「税理士に頼まなくても自分で出来ます。」というお声を耳にすることがあります。これは危険な発想です。
シロウトの人が作成した申告書を拝見していると、「内容を漏れなく申告できていない」「税法上適用できない内容を申告してしまっている」といったケースが多々見受けられます。
「あらら、こんなに損してしまっている・・・」といったことのないように、専門家である税理士に依頼するのが何よりも安心なのではないでしょうか。

>>税務申告でお悩みの方はコチラ

ページのトップへ

4.税務関係の各種届出

「会社を設立したけど、税務関係の届出って必要なの?」「青色申告って何?」「消費税を納めることになったけど、本則課税と簡易課税で損得が変わるって、どういうこと?」etc、、、特に税務署への届出は1日でも期限を遅れてしまうと適用されなくなり、思わぬ納税負担を強いることになります。
その点、弊社は、お客様の届出の要否・期限等を徹底管理しますので、ご安心ください。

>>税務関係の届出でお悩みの方はコチラ

ページのトップへ

5.税務調査

世の中では「税務調査はコワい」という神話が語り継がれています。人間は想像力豊かですから、見えない恐怖に対しては特にマイナスの想像力が働きます。何もないのに、警察官が近くを通っただけでドキッとする衝動と同じ仕組みです。
結論、税務調査は怖くありません。税務調査官も我々と同じ人間です。暴力をふるうわけでもありません。皆さんが思いの恐怖は「税務調査に対する無知」から生じるものです。しかし、税務調査官も「税法のプロ」ですから、税金が追徴できないか徹底して調査してきます。
でもご安心ください、こちらも徹底的に理論武装して税務調査に臨みます。ずっと申し上げてきているように、弊社のスタッフは税務に精通しています。税務調査についても数多くの現場に立ち会ってきましたから、税務調査に関するノウハウを蓄積しています。ですから、我々が税務調査に立ち会うことで、お客様はストレスなく税務調査を乗り切ることができます。

>>税務調査が入る、でも今の税理士は頼りない、そもそも税理士がいない方はコチラ

ページのトップへ

セカンドオピニオン

こんなお言葉をいただきます。
「顧問税理士とは先代からの関係があって解約することができません。でもイースリーパートナーズさんからアドバイスをいただきたい。どうしたらよいのでしょうか?」

今の税理士さんと顧問契約を解除する必要はありません。

「セカンドオピニオン」として弊社をご利用いただく方法がございます。
医療の世界では、一人の医師の判断だけに委ねるのではなくて、別の医師にも診断してもらい意見を聞くというのが一般的になっています。
一人の税理士に任せる必要はありません。適材適所で税理士を登用しましょう。

1.経営者と顧問税理士のジェネレーションギャップを埋める

顧問税理士が先代からのつながりで年配である場合、二代目社長と顧問税理士が世代を超えて価値観を共有するのは一般的に困難です。気軽に相談できて、フットワークの良い税理士が弊社には多数在籍しています。

2.相続・事業承継の分野に強い

この分野に精通している税理士は希少です。弊社には十分に対応できる税理士が多数在籍しています。

3.税務処理の意見の不一致を解消

顧問税理士が税務署寄りの発想でしか税務処理できない場合があります。法令を多面的に解釈して、納税者有利に処理できるようにお手伝いいたします。

4.財務コンサルティング・経営コンサルティング

弊社はユニークな発想をもって、財務面・経営面のコンサルティングができます。これは普通の税理士にはできません。

過去にはクライアント様の状況に応じたセミナーも開催しています。
下記は一例です。

  • 会社を取り巻く税金 節税方法と税務調査対策
  • 戦略的意思決定 適切な意思決定方法とは何か
  • 経営マネジメント・組織のあり方
  • 経営者が知っておくべき会計と税務
  • 次世代のための事業承継、相続対策
  • 従業員雇用の留意点

>>セカンドオピニオンについてのご相談はコチラ

ページのトップへ

業務内容